コンテンツ一覧

今やるべき調査とは

ウーマン

社員と向きあう会社

WLB(ワークライフバランス)に代表されるように、仕事とプライベートの充実化が図られている現在、仕事に対しても「働きやすさ」や「人事評価の適正」などに厳しい目が向けられています。社員からの要望に答えるという意味でも、社員満足度調査を行って会社の実情を知る必要があるといえるでしょう。社員満足度調査でできることは数多く、仕事に満足しているかという点だけでなく、働きやすさやWLBがとれているかという点についても調査できます。もちろん社員満足度を調べるだけでなく、この調査結果を元にして組織全体の課題や問題点を明確にし解決につなげることもできるでしょう。さらに適正かどうかが判断しにくい人事評価の正当性や人間関係における問題点などが明らかになるため、配置転換や人事異動の目安にもなり得ます。満足度調査は現状を正しく知るだけでなく、目に見えにくい人間関係問題を解決して風通しを良くしたり、活気ある職場に変えるための足がかりにもなるものです。さらに社員満足を高めることで社員のストレスを減らし、心因性の病気対策や定着率を上昇させるためにも役に立つでしょう。調査によってさまざまな情報を知れるだけでなく、会社が現在抱えている問題点を明らかにし、多方面から解決するためのアプローチができるというのは社員満足度調査ならではの良さと言えます。社内の雰囲気が悪い、なぜか社員が辞めていってしまうといった問題に悩まされているならぜひ取り入れたい解決方法のひとつといえるのではないでしょうか。